第6回 マイ浴衣教室(10/8) レビュー

 前回の続きで、くけの作業からスタートしました。

 2回目参加の受講生さんで前回よりも丁寧に作業されていらっしゃいます。 

キレイにできるように頑張ってくけるぞー


 くけの作業が終わったら、今度は衿付けの準備をします!!  地衿に掛衿を付けます。


 次に、身頃に衿付けの印を付けてー 


 衿付けするために待ち針を打っていきます。


 今回はここで終了。 お疲れ様でした!


今、通っていただいている受講生さん、和裁道具を少しお持ちみたいで、次は作業する台(裁ち台)がほしい!!と、和裁道具の話題で盛り上がりながら作業しました。

これこれ↓これが裁ち台です!


 次回は衿をミシンで縫っていきますよ! 


 ところで土曜日の浴衣教室のあった10月8日は足袋の日でした。 

なので、手作りで柄足袋を作ってみました!! 

指先やかかとのカーブの所を縫うのが少し難しかったです。


 自分の好きな柄の生地でオリジナル足袋。かわいくできて大満足です!! 

0コメント

  • 1000 / 1000

趣味の和裁教室 by 東亜和裁

『和裁を少し習いたい』『自分の浴衣を仕立ててみたい』などのご要望にこたえ、”趣味の和裁教室”を開講します。「東亜和裁」プロ和裁技能士育成のハウツーで培った、本格的指導ながら、明るくリラックスした雰囲気で和裁の世界を楽しんでいただけます! 開催教室 名古屋支部・盛岡支部 金沢支部・四日市支部・静岡支部