第3回(11/1)・第4回(11/8) 男物浴衣製作教室レビュー   

 前回ミシンをかけたので第3回目はくけの作業をしていきます。 

ここからくけ祭りです。 今回の男物は「内揚げ」を付けないで仕立てたいという受講生さんの希望があったので、 あげ無しでの仕立です。脇の縫い代の始末の仕方が少し変わってきます。 

揚げがあるときは脇の縫い代を三角にたたんで始末できる(写真は女性の浴衣内揚げ)のですが、 揚げが無いと三角にすることが出来ません。脇の縫い代を1枚ひらいて前も後もぐるっと一周脇くけをする始末の仕方になります。 いつもよりさらに距離の長いくけになってしまいますが、頑張るぞー!! 

 縫い代に切込みを入れて 

 つり合いが悪くならない様に気を付けながら、待ち針をうって。 

どんどんくけていきます。脇くけ1本と衽くけ1本。片身頃のくけが終わったところで本日の作業終了。 

もう片方の身頃のくけはお家でできたら少し進めてきてくださいね。 次回でくけの作業を全部終わらせるのが目標です!! 


 そして第4回目。脇くけ1本はお家で終わらせてきてくださいました。 


なので今回は衽くけ1本して、額縁を作って、褄下と裾をくける作業をしていきます。 まずは、残る1本の衽くけを終わらせるぞー!! 

 くけの作業もたくさんやったのでだいぶ慣れていらっしゃった様に思います。 

衽のくけを終わらせて、次に額縁づくり。直角できれいな額縁が出来るように、丁寧に作業していきます。 

コテで仕上げもして、額縁完成!! 


この後、褄下くけ、裾くけをしていきます。 待ち針をうった状態はこんな感じ。 これをどんどんくけていきますよ!

裾くけあと少しのところで今日の作業終了―。 お家で脇のくけをしてきていただいたのですが、お家でのくけの作業は飼い猫ちゃんとの戦いだそうです。そういえば、土曜日の受講生さんもネコちゃんと戦っていたなあ。 和裁好きさんはネコちゃん好きが多いなあと思った梅ちゃんなのでした。

0コメント

  • 1000 / 1000

趣味の和裁教室 by 東亜和裁

『和裁を少し習いたい』『自分の浴衣を仕立ててみたい』などのご要望にこたえ、”趣味の和裁教室”を開講します。「東亜和裁」プロ和裁技能士育成のハウツーで培った、本格的指導ながら、明るくリラックスした雰囲気で和裁の世界を楽しんでいただけます! 開催教室 名古屋支部・盛岡支部 金沢支部・四日市支部・静岡支部