4月開講土曜コース 第2回ゆかた教室レポート

皆さん、こんにちは!今日は「昭和の日」。

 先日、今上天皇さまが大戦前、幼少の時に着物を着ていらっしゃるお写真を見ましたが、日本はつい数年前までは、生活が着物だったんだよなあ〜と思うと、今、こうやって普段お洋服で過ごしている時代がくるとは、当時の人は思わなかったのと同じくらい不思議な気持ちになりました。


 さて、そうは言っても着物は日本の民族衣装。浴衣からでもいいので、1年に1度くらいは袖を通したいものですよね!


 2回目の浴衣製作教室はお袖作りをします!! こちらで柄合わせなどを終わらせた状態で準備しておいたものを、切る体験もしてもらいました。布にハサミを入れるのはプロの和裁技能士さんもすごく緊張する作業です。 間違えていないかしっかり寸法など確認して、ハサミを入れていきますよ!!

チョキチョキ 

みごろは次回までに印を付けて準備をしておきますね。 切ったお袖の布を持って、いよいよお袖作り!! 

絞りの浴衣は柔らかくて縫いやすい!!でも今回の反物、印が見えづらいんです・・・ 印、どこだー!!(笑)ってなりながら、縫っていきました。 

受講生さんが首から下げていたキラキラしたネックレスが、気になった桜ちゃん、 近くで見せてもらいました! 

テレイドスコープっていう万華鏡みたいなやつで、 通常の万華鏡は色紙やビーズの入った筒をクルクル回して楽しむものですが、 テレイドスコープは、筒の先にレンズがついていて周りの景色を取り入れて楽しむものみたいです。


覗いてみよー!!ってことで少し覗かせてもらいました。 

分かりにくいですが、桜ちゃんのピンクと絞り浴衣の青色が見えます!! クルクル回すと景色も変わってすごくキレイでした!! 



 そんなお話をしていたら、あっという間に今日の浴衣教室終了の時間。 何とかお袖2枚とも完成できました!! 

次回もお楽しみに♡

0コメント

  • 1000 / 1000

趣味の和裁教室 by 東亜和裁

『和裁を少し習いたい』『自分の浴衣を仕立ててみたい』などのご要望にこたえ、”趣味の和裁教室”を開講します。「東亜和裁」プロ和裁技能士育成のハウツーで培った、本格的指導ながら、明るくリラックスした雰囲気で和裁の世界を楽しんでいただけます! 開催教室 名古屋支部・盛岡支部 金沢支部・四日市支部・静岡支部