桃子のマイ浴衣製作レポ 第4回

レポは4回目だけど、今日はレッスン3回目でした。

先生は今日の最後に使う衽(おくみ)に印をつけておいてくださったそう。

身ごろの裁断もすでに先生にやってもらったのですが、その身ごろに切り込みが入ってます。

この切り込み、引っかけるとすぐに破れてしまうそうなので、仮縫いで止めておきます。

先生が裁断の時にすでに黒い糸で印をつけておいてくれました。黒い糸印がついている方が背なので、糸印の付いている方を中表になるようにして縫っていきます。

裾二枚をきちんと合わせ耳から3分のところにミシンをかけ背縫いします。長いな~。

二度縫いしなければいけないので、今度は耳から1分入ったところを縫います。

さっきより幅が狭いので、あまりスピードを速くすると失敗しちゃいそう。レッスンでも普段からミシンに慣れている方はダダ~ッて縫ってしまうんだそうです。

なんかミシンで縫っても手で縫ったみたいに歪んでるな~・・・モモコの場合...


 次にキセをかけます。え、先生、キセってなに?

「縫い目の上に布を被せる感じでコテをあてて、縫い目が隠れるよう折り目を付けることですよ」

「5厘(2ミリ)のキセを背の縫い代が上になるようにかけていきます」

表地から見ると、縫い目に折り重なった布が重なって、縫い目は見えなくなりました。

続いて、あげ縫い。

着物には、あらかじめ縫い直しに備えて、内あげという余裕を持たせた部分があります。着ているうちに、裾が擦り切れたりしても、このあげの部分を解いて、もう一度仕立て直すことができるのですね。

あげをつまんで、待ち針を刺しました。

ここもミシンで縫っていきます。

縫い終わったら、さっき背縫いのところみたいに、5厘のキセをかけ、輪の部分を3分ぐけします。

キセが外れないよう、背縫いのキセ山の所にわざとポツンと一目落とすのがポイント。

細かい作業だけど、これも和裁のいいところ。

次に、脇縫いをします。

最初にでてきた衽(下の写真の左端)も使います。

裾(上の写真の下側)はキチンと合わせておきます。

衽と脇縫いが終わったら、脇あげの上を開いて三角をつくります。

脇のキセが外れないようにするために、「しのび」をいれました。

先生の指示通りに縫い進めていくだけで、どんどん浴衣が出来ていきます。

次回はクケ祭りとか!運針の練習しておかなきゃ...


モモコさん、お疲れ様でした!

浴衣完成の日を夢見て、がんばって!







0コメント

  • 1000 / 1000

趣味の和裁教室 by 東亜和裁

『和裁を少し習いたい』『自分の浴衣を仕立ててみたい』などのご要望にこたえ、”趣味の和裁教室”を開講します。「東亜和裁」プロ和裁技能士育成のハウツーで培った、本格的指導ながら、明るくリラックスした雰囲気で和裁の世界を楽しんでいただけます! 開催教室 名古屋支部・盛岡支部 金沢支部・四日市支部・静岡支部