桃子のマイ浴衣製作レポ 第5回

今日は衽(おくみ)くけと脇くけをしてくことになりました!

できるのか桃子?やってみるしかない!(先生、よろしくお願いします~)

左端の半巾の部分が衽、脇は今折っている部分です。

裾の始末もしなければならなくなります。折ってみると、脇や衽の縫い代の部分は厚みが出てきてしまうので、切り込みを入れる必要があるそうです。

手書きで書いた文字見えますか?↓

裾は5分で折るので、印を5分で入れます。

切り過ぎないように待ち針で目印をつけ、裁ちます。

折るとこんな感じ↓

一方、衽の3分くらいで折ったところをくけます。脇と同じように切り込みを入れ、折筋をつけます。

下は切り込みの入った裾です。展開図のようでおもしろーい!

続いて、袖付けと身八つ口を出来上がり線で折り、三つ折りしてくけていきました。

下の写真でもぐるっとわっかになった袖口が分かりますか?ここに腕が入るんですね~。

くけは、やはり簡単ではないですけど、綺麗な仕上がりになると嬉しい...

速く縫いたいな、と思って焦ると時々針目が抜けてしまうので、そこに指が1本入るほどの大きい穴ができちゃいました。これはダメなので、糸を引き抜いてもう一度縫い直しました。こういうのは急がば回れですねえ~...

先生と熊のさくらちゃんに励まされながら、なんとか両方の脇クケを終了したモモコでした!


桃子さん、大くけ祭り、お疲れ様でした!

東亜和裁の各支部で浴衣製作のレッスンが始まっていますよ~!ぜひ、この機会に皆さんもご参加くださいませ!

0コメント

  • 1000 / 1000

趣味の和裁教室 by 東亜和裁

『和裁を少し習いたい』『自分の浴衣を仕立ててみたい』などのご要望にこたえ、”趣味の和裁教室”を開講します。「東亜和裁」プロ和裁技能士育成のハウツーで培った、本格的指導ながら、明るくリラックスした雰囲気で和裁の世界を楽しんでいただけます! 開催教室 名古屋支部・盛岡支部 金沢支部・四日市支部・静岡支部